カードローン 申込み 案内サーチ 1位:SMBCモビット

評価:★★★★☆ 4.0
モビット

 

 

カードローン 申込み 案内サーチ 2位:プロミス

評価:★★★★☆ 4.5
プロミス

 

カードローン 申込み 案内サーチ 3位:アイフル

評価:★★★☆☆ 3.5

運営者情報

運営者情報

カードローン 申込み 案内サーチ とは

カードローンは、急な出費が必要な際にお金を借りることができる金融商品です。

カードローン 申込み 案内サーチで詳しく解説していきますね。

利用したことがない方にとって、初めての申し込みは不安になる方も少なくありません。

カードローン 申込み 案内サーチでは、カードローンを申し込むために事前に準備するものや申込手順について解説していきます。

カードローン 申込み 案内サーチを最後まで見てもらうことで、カードローンの申し込み方法の種類やあなたに合った申込方法が分かるので、ぜひ参考にしてみてください。

カードローン 申込み に必要なものは?

カードローンは、信用情報を元にお金が借りれる商品です。

そのため、審査が必ずあり本人確認や状況に応じて収入が分かる書類が必要となります。

事前に準備するものとしては、以下の通りです。

【必ず必要なもの】

  • 運転免許証
  • 健康保険証
  • マイナンバーカード等

※いずれか1点必要に応じて2点

【状況に応じて必要なもの】

  • 直近2ヶ月分の給与明細
  • 最新の源泉証明書

収入に関する書類が必要なケースは以下に該当する場合。

  • 借入額が50万円を超える場合
  • 他社の借入も含めて100万円を超える場合

例えば、借入希望額が50万円未満で他社の借入もない場合は、収入証明書は不要なので参考にしてください。

カードローン 申込み 方法は?

カードローンの申し込み方法としては、以下の5つの方法が一般的です。

  • 自動契約機
  • WEB申込
  • 店頭窓口
  • 電話
  • 郵送

それぞれの申し込み方法の特徴を見ていきましょう。

 

カードローン 申込み 方法 自動契約機編(手順)

自動契約機とは、街中に設置してあるカードローン専用の店舗型契約機です。

個室が設けられており、中に入ると音声ガイダンスに従ってカードローンの申し込みができます。

主に「消費者金融系」のカードローンが運営している申し込み方法で、即日発行できることが大きな特徴です。

そのため、すぐに借入したいという方におすすめの申し込み方法と言えるでしょう。

 

カードローン 申込み 方法 自動契約機編(手順)

自動契約機の申込手順としては以下の通り。

来店して案内に従い必要事項を入力する

身分証明書などの書類を提出

審査

カード発行

最短1時間程度で申し込みができるので、お伝えしたように時間がない方におすすめです。

 

カードローン 申込み 方法 WEB編はこんな方におすすめ

WEB申込は、公式サイトから24時間いつでも申し込みが可能です。

カードローンにもよりますが、WEB完結で郵送がないサービスもあるので、選ばれている理由でもあります。

そのため、WEB申込は誰にもバレずに申し込みがしたいという方におすすめと言えるでしょう。

 

カードローン 申込み 方法 WEB申込編(手順)

WEB申込の手順としては、以下の通り。

公式サイトより申込

フォーム従って必要事項を入力する

必要書類をアップロードして提出する

審査

申込完了

WEB申込の場合は、カード発行があるものについては、自宅へ郵送か自動契約機での受取を選択することができます。

また、申込完了までの時間は申込時間によっても異なりますが、早いものは当日中に完了でき、遅いものでは数日かかるものもあるので注意しましょう。

 

カードローン 申込み 方法 店頭窓口編

店頭窓口では、対面でスタッフと話をしながら申し込みする方法です。

そのため、分からないことは直接聞きながら申し込みしたい方、申し込みに不安な方におすすめと言えるでしょう。

基本的には自動契約機と店頭窓口での申し込みは、対面か非対面かの差ですので、自分に合った申し込みを利用していきましょう。

カードローン 申込み 方法 店頭窓口編(手順)

店頭窓口の申込手順については以下の通り。

来店して案内に従い必要事項を入力(記入)する

身分証明書などの書類を提出

審査

カード発行

申込手順も自動契約機と同じですので、即日発行も可能ですが、金融機関によっては郵送での受取もあるので、注意が必要です。

カードローン 申込み 方法 電話編

電話による申込方法は、どこからでも電話で申し込みができるので、来店したくない方におすすめです。

電話による申込の場合でも、必要書類を郵送や持参する必要があるため注意しましょう。

そのため、電話で完結というのはできないため覚えておきましょう。

カードローン 申込み 方法 電話編 (手順)

電話での申込手順については以下の通り。

申込専用ダイヤルへTEL

必要事項を伝える

審査

必要書類を送付・持参

申込完了

電話での申し込みは、審査結果が出るまでの時間は他の申し込み方法と変わりませんが、申込完了までに書類のやり取りで時間を要すため注意しておきましょう。

カードローン 申込み 方法 郵送編

郵送での申し込みは、申込書を記入して郵送でやりとりできます。

時間を要しますが、電話や来店が不要の申し込み方法なので、書類のやり取りのみで完結したい方におすすめです。

カードローン 申込み 方法 郵送編 (手順)

郵送での申込手順については以下の通り。

申込書を記入する

申込書送付

審査

カード発行

書類送付に時間がかかるので、申し込みが完了するまでに数日から2週間ほど時間がかかります。

時間に余裕がある方にはおすすめです。

カードローンの申し込みにもいくつか種類があるので、対面や非対面、利便性など特徴を理解して、自分に合った申し込み方法で利用していきましょう。

 

カードローン 申込みの落とし穴とは?

カードローン 申込み 案内サーチで知っておきたい注意点について解説!

キャッシングは、クレジットカードに付帯している借入機能ですが、お金が必要な時にATMで簡単に借入ができるため非常に便利です。

一方、安易な気持ちで借入し続けてしまうと、多額な借金を抱えてしまうことになるため、利用には十分注意する必要もあります。

この記事では、キャッシングをうまく活用するために知っておきたいキャッシングの落とし穴について解説していきます。

利用前に知っておきたい注意点を紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

カードローン 申込み の知っておきたい5つの注意点

キャッシングを利用する前に知っておきたい注意点を5つ紹介していきます。

他の金融商品との違いや特徴について、理解していきましょう。

■金利が高め

キャッシングは、借入できる商品の中でも金利が高い傾向があります。

借入できる金融商品にも、

  • キャッシング
  • カードローン
  • フリーローン

上記3つが主にありますが、3つの中で金利は最も高い傾向です。

その理由としては、キャッシングの枠が他の商品に比べて少ないということと、借入専用の商品ではないことが挙げられます。

カードローンやフリーローンは借入専用の商品になるため、金利にも力を入れており、また、額も100万円以上の借入が可能なので、低い傾向です。

キャッシングの場合は、ほとんどが18.0%の金利が適用されるので、カードローンは15.0%、フリーローンは15%以下というように金利が高いことは覚えておきましょう。

■クレジットカードと返済日が同じなため返済額が大きくなりやすい

キャッシングは、クレジットカードの機能として使うことができるので、普段買い物を利用していればその分支払いが発生します。

ほとんどのカード会社がショッピングとキャッシングの返済日が同日なので、双方の支払いをすることで返済額が大きくなる傾向があります。

また、カード会社にもよりますが、キャッシングは、返済額が1万円からという設定のカード会社も珍しくありません。

カードローンでは、月1,000円からというような返済額も可能なので、そもそも返済額が大きいことにも注意しましょう。

■繰り上げ返済がしづらい

繰り上げ返済とは、借り入れしている額を多く返済できるときに、返済日とは別のタイミングで返済する方法です。

カードローンでは、繰り上げ返済がインターネットから簡単に行うことができますが、キャッシングの場合は、繰り上げできないケースや、わざわざカード会社へ連絡した上でなければできません。

繰り上げ返済ができず、一括返済のみというカード会社もあるので、理解しておく必要があるでしょう。

■利用していなくてもローンを組むとき不利になることも

キャッシングは、金融商品になるため利用していなくても枠が付与されていることになります。

そのため、住宅ローンを組む際に審査があり、キャッシング枠が多く付与されていると、不利になるケースもあります。

当然ですが、キャッシングの利用があり残債が多ければ、より通りにくくなるため、不要な枠を増やさないことも重要です。

住宅ローン申込時に、クレジットカードなどの解約を求められるケースも珍しくないので、覚えておきましょう。

■総量規制で利用できない可能性もある

キャッシングは、貸金業法という法律に基づいて取引されています。

貸金業法には、「総量規制」という年収の3分の1を超える借入はできないという決まりがあるため、キャッシングを利用できない恐れがあります。

「以前は使えていたけど急に使えなくなった」というような時には、総量規制の可能性もあるので、キャッシングを利用する際には計画的に利用していくようにしましょう。

キャッシングの落とし穴とは?というテーマで、利用する際に知っておきたい注意点を5つ解説してきました。

  • 金利が高め
  • クレジットカードと返済日が同じなため返済額が大きくなりやすい
  • 繰り上げ返済がしづらい
  • 利用していなくてもローンを組むとき不利になることも
  • 総量規制で利用できない可能性もある

上記のように、お金が必要な際に便利に使えるキャッシングですが、注意しておきたい点もあるので、しっかりと理解しておくことで、上手に活用していくようにしましょう。

 

■キャッシングはどうやって利用する?キャッシングの申込手順や利用方法について解説!

クレジットカードに付帯している「キャッシング」ですが、利用したことがない方も多いのではないでしょうか。

キャッシングは、お金の借入なので初めて利用するときは少し不安に感じる方も少なくありません。

この記事では、キャッシングの申込方法や利用方法にスポットを当てて、その方法について解説していきますので、参考にしてみてください。

■ キャッシングの申込方法は主に2通り

キャッシングの機能は、クレジットカードに付帯していますが、必ずしもクレジットカードに付帯しているとは限りません。

基本的には学生や専業主婦の方は、キャッシング枠は付帯されませんので、覚えておきましょう。

キャッシングを利用する場合の申込方法としては、主に2つありますので、それぞれ見ていきましょう。

■ クレジットカード申込時に希望する

1つ目の方法としては、クレジットカード申込時にキャッシング機能を付ける方法です。

クレジットカード申込の際は、キャッシング枠を希望するか否かの項目が設けられています。

その際に希望することで、キャッシングを同時に申し込みすることができます。

ただし、前述したように学生の方や専業主婦の方は、希望しても付与されませんし、該当しない方でも審査上、付帯されないケースもあるので注意しましょう。

■ クレジットカード申込時に希望する場合の申込方法

クレジットカード申込時にキャッシングを申し込みする場合は、キャッシングの項目に利用したい金額や希望するに申請することで申し込みが可能です。

その他にする手続きは何もないため、審査結果を待つのみで、非常に簡単に申し込みできますので、必要な際は合わせて申し込みしていきましょう。

■ 保有しているカードにキャッシング機能を付ける

2つ目の方法としては、保有しているカードにキャッシング機能を付ける方法です。

保有しているクレジットカードにキャッシング機能が付いていないケースもあるので、該当の方は申し込みの上、審査に通ればキャッシングを利用することができます。

既に発行されているクレジットカードにキャッシング枠を付与するので、カード会社にもよりますが基本的にはその日のうちに使えるようになるケースが多いです。

必要な際は申し込みしていきましょう。

■ 保有しているカードにキャッシング機能を付ける場合の申込方法

保有しているカードにキャッシング機能を付ける場合は、以下の2つの方法で申込ができます。

  • インターネット
  • 電話

近年は、カード会社専用の会員サイトが設けられているので、そちらからキャッシングを希望するフォームがあります。

申請することで、審査されるので非常に簡単に申し込みが可能です。

また、電話もカスタマーセンターにカード番号などを伝えて、キャッシングを使いたいことを伝えると申請ができます。

どちらの場合も、その時の住所や勤務先情報などの確認があるので、しっかりと申請していきましょう。

■ キャッシングの利用方法

キャッシングの利用方法については、カード会社によって方法が異なりますが、主に以下のような方法で利用することができます。

  • 提携ATM
  • インターネット
  • 電話

それぞれの方法について見ていきましょう。

■ 提携ATMによるキャッシング方法

以前から利用されている方法が、提携ATMからキャッシングする方法です。

クレジットカードをATMに差し込むで、キャッシングを選択していくことで、利用金額と返済方法が表示されるので、選択すると借入ができます。

基本的には、24時間利用することができるので、最も定番の利用方法と言えるでしょう。

■ インターネットによるキャッシング方法

近年、増えているのがインターネットによるキャッシング方法です。

クレジットカードに登録してある口座に、インターネットからキャッシングを申請することで、直接借入額が入金されます。

カード会社や口座によって、反映されるまでの時間は異なりますが、即時で入金できるものから翌日になるものもあるので、利用の際は事前に確認しておしましょう。

■ 電話によるキャッシング方法

カード会社に直接電話してキャッシングする方法もあります。

キャッシング専用ダイヤルに電話して、利用したい金額を伝えることで、登録の口座に入金される仕組みです。

電話による方法もカード会社によって、入金が反映されるまでの時間が異なるので、事前に確認しておくようにしましょう。

キャッシングの申込方法や利用方法について解説してきました。

キャッシングを使う場合には、あらかじめクレジットカードに付帯しておくか、申請することでキャッシングの機能を付けることもできるので、検討している方は申請していきましょう。

利用方法も一度利用すると簡単ですので、ぜひ参考にしてみてください。

 

カードローン 申込み 案内サーチまとめ

カードローン 申込み 案内サーチをご覧になって頂いて如何だったでしょうか?

カードローン 申込み 案内サーチではカードローン、キャッシングといった知識や情報を共有していきます。

カードローン 申込み 案内サーチで役に立つ情報をGETしてみて下さい。

これからもカードローン 申込み 案内サーチを宜しくお願いします。

カードローン 申込み 案内サーチ 関連ページ

カードローン 申込み 案内サーチ

消費者金融 比較 案内所

消費者金融 高等テクニック

消費者金融 申込み 窓ロ

キャッシング 人気 窓ロ

即日融資 申込み窓ロ

即日融資 初めて窓ロ

即日融資web.pw

低金利借入れz.pw

無利息 借りる窓ロ

無利息 おすすめ窓ロ